いろいろライフスタイル

気づいたことをあれこれと

介護食では常識の「とろみ」

咀嚼や嚥下の機能が低下している老人や障害のある方は誤嚥を起こしやすく、そのため食事は飲み込みやすくする工夫が必要になります。

そこで「とろみ」を有効に使った食事が介護の現場ではよく見られるようです。

「とろみ」にすることによって、ゆるいスピードでソフトに食道へ流れるので、気管への誤嚥を防止する効果があるのです。

最近では「とろみ」のついたお茶、あるいは「とろみ」をつける材料も入手できます。

また、献立の中に「とろみ」を加えたい時は、ヤマイモやトロロなどをワンチョイスするのも一つの方法です。

「とろみ」の程度については、病状や障害など個人差に合わせて調整することが必要です。

  

遠藤産商 お口に優しいソフトスプーン5本組